歯科で親知らずを抜く

歯科の親知らず抜歯処置

歯科受診(親知らず抜歯)

虫歯になっている親しらずがあり、歯科受診しました。抜歯のために麻酔を行い、時間は30分ほどでした。麻酔のおかげで痛みはありませんでしたが奥歯であるため口の端を引っ張られる方が痛みは強かったです。まっすぐに生えていたため歯茎の切開もなかったです。縫合も縫ってる感覚もなくすぐに終わりました。抗生剤と痛み止めをもらい歯科受診は終了しました。麻酔が切れる前に痛み止めを服用しその後も痛みはなかったです。出血はティッシュを噛んだりしましたがなかなか止まりませんでした。しかし、麻酔が切れた頃にご飯を食べたらいつの間にか止まっていました。

親しらずの抜歯について

親しらずの抜歯については必ずしも行わなければならないという事でもなく、痛みがあったり、周辺の歯に影響を及ぼす、矯正での治療で必要と判断された場合には親しらずの抜歯を行う事が多いでしょう。生え方によっては一般歯科で対応できるケースがほとんどですが、歯茎の下に埋もれていたり、斜めに生えているなどの場合には歯茎の切開が必要になり、口腔歯科での処置になるでしょう。麻酔を利用して行うので術後の腫れやリスクもあります。痛みに関しては2日から3日程度で収まり、腫れに関しても1週間程度で収まる事が多いでしょう。

↑PAGE TOP